ブログトップ

しめじ日記

yokokura.exblog.jp

<   2008年 03月 ( 4 )   > この月の画像一覧

お墓参り

急激に雪が解けている今日この頃、ふきのとうも顔を出し始めました[E:tulip]



そして、お彼岸のお墓参りも、毎年のように少しの雪をふみしめながら、



無事に春を迎えられたことの感謝もこめて、お参りに行きます[E:club]



墓地は、私の散歩コースでも有りますが、この頃は、なにやら華やいだふんいきなのであります。



そういえば、この間の雪上ウオーキングの時に、ガイドして下さったTさんに



よりますと、いち早く緑の葉っぱをつけて色んな高い木の幹に這い上がっている



ツルマサキという木は、昔この時期になると、お墓に供えられたそうです。



Tさんも、子供の頃取りに行かされた、と言っておられました。



あちこちのお墓にはツルマサキがお約束のように飾られていたようです。



古の人々の素朴な気使いが感じられるいいおはなしでした[E:catface]



ご主人もお供えすべく、2・3枝折って水にさしてありましたが、黄色くなって



しまったのを私は見てしまいました[E:sign03]ご先祖様、緑じゃなくてもゆるしてやってください[E:gawk]



a0278762_0531586.jpg
   






[PR]
by yokokurashimeji | 2008-03-25 20:34 | ★ イベント

スノーハイキング

[E:dog][E:sun]

a0278762_053822.jpg
先日、18日かな、案内して下さる方が誘って下さったので、ご主人のスノーシュー〈洋風かんじき)での雪上ウオーキング初体験にお供してきました。私は軽いのでスノーシュー無しでしたが・・・色々お話を聞きながら、森の生き物達も大変だなあ、などと思ったりしたのです。

たとえば、左の写真の白樺の木の幹に縦に亀裂が入っているのが見えますでしょうか。この頃になると木は盛んに雪解け水を吸い上げ樹液を蓄えるのですが、三寒四温・突然の寒い朝などに凍って破裂してしまうのだそうです。熊の爪あとが幹にはっきりと残っていたり、雪の重みで頭が折れた寸足らずの木など、いやー、木でなくて良かった[E:happy01]。



a0278762_0531054.jpg



でも、立派に何百年も生きている水ならの木にもお会いしてきました。(写真)”王様の木”と呼ばれているのです。さすがですね。恐れ入りました。



奥社参道の隋神門近くにありました。葉が茂ったら又素晴らしくかっこいいんでしょうが、下草や笹も茂ってしまうので、間近には行けなさそう、おそばによれて良かったです。



ウオーキング最後の頃に、頭上を旋回するノスリに合いました。”あいつ、うまそうだ”なんて、わたしを狙っているんじゃないでしょうね!と、いっぱいお連れさんがいたので、結構強気に出てみました。帰宅してからのビールならぬ水がとてもうまい、ぽかぽかの1日でした。ちなみにコースは、奥社鳥居前~鏡池~隋神門~奥社鳥居前でした。楽しかった。










[PR]
by yokokurashimeji | 2008-03-23 12:08 | ★ スキー、ボード

春まだ遠いかな・・・・

a0278762_053553.jpg
昨日はポカポカと暖かい日でした。こんな日は奥社に参拝日和と出かけましたが、な、なんと屋根の雪が全部こけて、最後の到達地点が困難を極めてしまいました。



だけど、ぬかりこみながら参拝するのもなかなか出来ないことで、結構面白かった。[E:dog]ワン2008


[PR]
by yokokurashimeji | 2008-03-14 19:18 | ★ 神社

しめじです。よろしくおねがいします。

Photo わーい[E:heart]おやつの時間[E:note]


[PR]
by yokokurashimeji | 2008-03-14 13:34 | ★ おまけ